ストレスによる偏頭痛【早期診断応援活動】

先生

慢性的な頭痛の原因と治療

精神科・心療内科への受診

悩み

頭痛がよく起こる人は多いですが、特に女性がなりやすいのが偏頭痛です。頭痛はその症状や原因によって種類があり、偏頭痛は頭の片側または両側が痛み、女性は男性よりも3〜4倍近くいるのが特徴です。このような偏頭痛が起きた場合は、市販の鎮痛剤で対処する人が多いですが、これが度々起これば病院で治療をしていくのが最善です。頭の痛みから一般的に脳神経外科や神経内科を受診する人が多く、頭痛外来という専門的な医療体制のところもあります。ここでMRIなどで検査をしていき、その結果から薬で治療していく流れとなります。しかし、治療をしていても治りにくい人もいて、偏頭痛の症状が繰り返されてしまいます。痛みの程度は治まっても、なんとなく鈍い痛みを感じてしまう人も完治したとは言えません。そんな人は、偏頭痛の原因であるストレスを疑って、精神科や心療内科を受診してみるのがお勧めです。偏頭痛の主な原因はストレスと言われていて、慢性的に起こるのであればその原因をもとから治していく必要があります。実際に偏頭痛での治療はそういった病院でも行われ、脳の神経を薬でコントロールしていき、ストレスを溜めないことも指導されます。これで症状が治るという人も多く、見逃しがちなストレスは実は大きな症状を引き起こす原因となっているのです。

原因から見る普段の心がけ

偏頭痛とストレスの関係性は、頭の血管の収縮や拡張によって症状が引き起こされてきます。ストレスを受け続けると、神経伝達物質のセロトニンが異常に分泌されてしまうので、これによって血管が収縮して拡張してしまいます。この状態が腫れや炎症となってしまうので、偏頭痛の症状があらわれてしまうのです。また、三叉神経が血管を刺激する物質を分泌してしまうとも言われています。ストレスは神経伝達物質のバランスを崩してしまう原因となり、それによってさまざまな精神疾患を招いてしまいます。代表的な病気がうつ病で、これも神経伝達物質のセロトニンが異常に分泌されてしまうためです。ストレスは、主に身体や精神にくる原因や症状があります。嫌な思いをしたことによる精神面だけでなく、睡眠不足や疲労もストレスとなってしまうのです。偏頭痛の改善は、病院での治療だけでなく、普段の生活や考え方も見直していくことが大切です。規則正しい健康的な生活を心がけ、ストレスに柔軟に対応できる心を持つことも偏頭痛には効果的です。