ストレスによる偏頭痛【早期診断応援活動】

先生

頭痛との関連性

五感に作用する

笑顔

ストレスが原因で生じる偏頭痛は、後頭部に痛みを感じやすく、その痛みは精神的にも身体的にも更なるストレスを蓄積させやすくなります。偏頭痛は、一般的に内科を受診するイメージが根強いものの、近年では精神科や心療内科などの専門外来でも受け入れています。偏頭痛は、首まわりはもちろん、身体を動かして頭の固定位置が変わることによって痛みが増幅するため、抑制させるには安静が重要視されています。また、吐き気や肩こりをはじめとする症状もあり、光や音やニオイなどの変化に対して過剰に反応しやすいのも特徴となります。そのため、今後のケア方針には痛みやストレスの緩和のみならず、五感に作用するケアにも努める方針が固まりつつあります。光や音による刺激はストレスとの因果関係もあるため、今後は五感の気をコントロールできる西洋や東洋の医学を用いり、様々な観点から治療法を模索していく考えで、症状から解消される日も現実味を増しています。そのためにも、 痛み方や前兆、頻度などの観察記録は重要視されています。

因果関係まで意識

脳腫瘍や脳出血などの生命に関わる痛みかもしれず、医療機関を受診して検査を受けた結果、脳に異常が見られず、精神的なストレスによる偏頭痛であることから精神科や心療内科を紹介される患者が近年、急増しています。注意したいのが、頭痛持ちとなる体質とは違い、生活の質による偏頭痛の緩和についてです。例えば、慢性的な頭痛持ちでは、痛み止めの処方で緩和できるものの、働き盛りとなる社会人の場合、仕事上のストレスが大きく作用しています。寝不足だけではなく、逆に週末などに寝溜めするなどの寝過ぎは偏頭痛を重くするため、注意が必要です。また誘発食品と呼ばれる食べものもあり、ストレスが蓄積することで欲するチョコレートなどの糖類や、精神を安定させたい場合に飲酒する際の赤ワインには、痛みを誘発させる成分が含まれているため、注意した摂取が必要です。こうした生活の質など、豆知識を含む情報までもアドバイスしてくれる医療機関を選ぶことも、因果関係を解き放つためには重要視したい点であり、医師だけではなく、自分自身で改善させることも完治させるために必要です。