ストレスによる偏頭痛【早期診断応援活動】

先生

頭のどちらか一方が痛む時

悩み

偏頭痛はストレスから解放されたり、何か物理的な刺激を受けたりすることで、脳の血管が拡大して起こるものです。治療は薬が中心で、主に血管の収縮を促す物が中心になります。それ以外には予防薬を使ったり、普段の生活を改善したりすることもまた、偏頭痛を抑えるために大きな効果があります。

慢性的な頭痛の原因と治療

悩み

頭痛の種類の中で偏頭痛は女性に多いのが特徴で、頭の片側や両側に痛みを生じてきます。慢性的に続くのであれば病院での治療がお勧めですが、脳神経外科などで治らなければ精神科や心療内科でも治療が受けられます。根本的な原因であるストレスから治療が行われるので、これで偏頭痛が治まるという人も少なくありません。

3人に一人は抱えている

医者

解放された時に発生

ストレスが原因で偏頭痛になるというケースもストレス社会では多く見かけますが実際偏頭痛が生じるのはストレスを抱えている時ではなくストレスから解放された時です。偏頭痛は脳の血管が拡張することで周囲の三叉を刺激し、その刺激で発生した炎症物質が血管を拡張させて引き起こすものです。ストレスが溜まっている状態では血管は収縮しているため怒らず、休日などストレスから解放された瞬間に欠陥が拡張されることで引き起こされます。週末朝起きると偏頭痛がするといった場合には、平日のストレスがよほど大きかった要因といえます。逆に会議中など仕事中に感じる頭痛は緊張型頭痛といわれ偏頭痛とは別物です。筋肉が硬直し血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまりその周囲の神経が刺激されて起こるものです。偏頭痛には肩こりなどを伴うことも多く前兆が数多く見られます。ストレス状態は自覚症状がなくても生じることが多く、人込みや満員電車、冬の寒さや夏の暑さなど不快に感じることだけで生じることがあります。それが解放されたときに生じやすくなります。

予兆で予防ができる

目がちかちかする、肩こりが痛いなど予兆を感じた時にはその後偏頭痛が襲ってくる可能性が高いため、この予兆を見逃さないことです。また、ストレスにて偏頭痛が生じる場合にはその要因が特定されるため、どの場所でどの時間帯にどのような環境で起こったのかを分析し、同じような環境を作らないようにすることです。平日のストレスを極力少なくすることで休日に偏頭痛が襲ってくることも少なくなります。あまりにも偏頭痛の回数が頻発する場合や痛みが激しい場合、なかなか痛みが引かない場合には病院で診察が必要です。いつもの頭痛と放置しておくと脳の病気である可能性もあるため注意が必要です。脳腫瘍やくも膜下出血なども頭痛を伴う生命にかかわる恐ろしい病気ですので、気になった場合には早めの医師の診断が安全です。偏頭痛を緩和させる方法として冷却する、規則正しい生活を行う、食品に注意する、人込みやまぶしい光に注意するなどありますが、これらで改善できない場合には、病院に行くことをお勧めします。

頭痛との関連性

笑顔

偏頭痛の悩みを持つ現代人にとって、ストレスとの因果関係を意識することにより、これまで悩み続けてきた頭痛持ちから解放される利点が挙げられます。ストレスとの上手な付き合い方による精神の安定は、物事までがスムーズに運びます。

どのようなものなのか

笑顔

偏頭痛というのは、ズキンズキンといった脈打つような頭痛が起こるものです。誘因としては、精神的なストレスが代表的なものとして知られています。そのためストレスを排除することによって、改善することの多い病気です。

現代病の辛さ

病院

ストレスで偏頭痛になる事があります。ストレスを解消する方法を考えてみましょう。解消できず一人で悩み考えますと症状は益々悪化して違う病気になる可能性もありますので注意が必要です。偏頭痛が続くようでしたら病院に行きましょう。